page_top

[苦手解消講座]【数学】この時期の基礎固め&苦手克服が、2学期以降の学習効果を左右する

  • 《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座
  • 東進ハイスクール ●志田 晶先生
  • [2018/6/22]

 6月から夏休みにかけては、基礎を固める時期だ。2学期からは本格的な2次試験対策を始めることになるが、基礎ができていないと解いた問題の数学的意味がつかめず、そこで使われた解法も定着しないため、学習効果が上がらず非効率的な勉強になってしまう。夏休みが終わるまでに、数学Ⅰ・A、Ⅱ・Bについては標準的な参考書の基本例題の解法がすぐ思い浮かぶレベル、数学Ⅲについては教科書傍用問題集の問題がひと通り解けるレベルに達しておくことが目標となる。また、センター試験対策については、夏休みが終わる時期までに自分の目標点の8割程度が取れるようにしておこう。

 数学の中でもベクトル、確率などの特定の分野が苦手な人は、もう一度教科書を読み直すことから始めよう。忘れている事項や意外と知らない公式、証明まで目を通していなかった公式などがあるはずだ。教科書から始めることが、苦手攻略の突破口になる。問題集などはそれからでいい。また、数学全体が苦手だという人は、6、7月のうちに自分が最初に数学に苦手意識を感じた分野まで戻ってみよう。たとえそれが中学校の学習範囲(図形の合同など)であっても、臆することなく思い切ってそこからやり直してみてほしい。

オススメ勉強法 VS NG勉強法

~夏休み前

〇 教科書や参考書の内容に、抜けがないかをチェックする


著者プロフィール
志田先生

志田 晶先生

東進ハイスクール、東進衛星予備校数学講師。大学院生時代に予備校の教壇に立って以来、幅広い層より圧倒的な支持を得ている。『改訂第2版 センター試験数学Ⅰ・Aの点数が面白いほどとれる本』(中経出版)など著書多数。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《その勉強法で大丈夫?》早期発見で失敗しない! 苦手解消講座 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中