page_top

【日本史】:教科書を精読し、サブノートで知識を整理して体系化させよう

  • 《主要13科目別》 入試に勝つ![記憶アイテム]学習法
  • 代々木ゼミナール個別指導/菅野 祐孝 先生
  • [2018/5/14]

インプット学習に欠かせない!3大記憶アイテム

 日本史の学習土台は高校の授業と教科書の二本柱によって支えられている。その基礎固めのためには教科書を精読し、授業を聞いて理解を深めればよい。またひと口に教科書といっても、文章は必ずしもすべてが平易ではなく、なかなか理解しにくい個所もある。その場合は必ず先生に質問して納得することが大切だ。またわき役としての必須アイテムに図版集がある。写真・地図・絵図などの視覚資料を網羅したもので、理解を助けるうえで大きな力となる。教科書を読みながら要点をテーマごとにサブノートに整理し、知識を体系的に頭に入れよう。見やすくきれいにまとめたノートだからこそ、試験会場必携の武器となるのである。


1 教科書&用語集&史料集

教科書を中心に用語集&史料集でわきを固め、教科書からの出題に備えよう

 ほとんどの入試問題は教科書をベースに作成されている。なかには教科書の文章をそのまま引用して出題しているケースも珍しくない。したがってまず教科書を素読して全体の大きな流れをつかみ、難解


蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《主要13科目別》 入試に勝つ![記憶アイテム]学習法  記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中