page_top

【物理】:問題演習によって理解を深め、使える知識を身につける

  • 《主要13科目別》 入試に勝つ![記憶アイテム]学習法
  • 代々木ゼミナール/中川 雅夫 先生
  • [2018/5/14]

インプット学習に欠かせない!3大記憶アイテム

 入試に合格するために必要な知識は教科書に書かれているもので十分である。しかし、教科書をしっかり読んで理解したつもりでも問題を解こうとすると、どうしたらよいのか迷ってしまうことが多い。これは物理が演習科目であるためだ。すなわち、教科書を読んで理解するのではなく、簡単な問題を解いて基本事項を理解し、その後次第に演習する問題のレベルを上げて理解を深めていかなければならない。問題演習が物理の力を鍛えるためには不可欠なのである。難関大合格のために物理を得意にするためには、実験や観察も大切である。実験や観察のチャンスがなかなかなければ図解集や映像を見てイメージをもってもらいたい。


1 教科書

常に手許に置いて、入試に必要な法則・原理、公式など知識を確認し身につける

 入試では教科書に書かれている知識が身についているかを試す問題が出題される。したがって、教科書を丁寧に学習すれば、受験に必要な力を身につけたと自信をもつことができる。しかし、「教科書は


蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《主要13科目別》 入試に勝つ![記憶アイテム]学習法  記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中