page_top

2019年センター攻略!「重要傾向&対策法」【化学基礎】

  • [科目別] センター8割得点への『重要傾向&対策法』
  • 『螢雪時代』アドバイザー/庄司 憲仁 先生
  • [2018/4/24]

解きやすい問題が多かったが、油断せずに十分な準備をしよう

●2018年 センター試験 新傾向!
「化学と人間生活」でやや難の設問が出題された

 昨年と比べて考察力を必要とする問題が減少し、短時間で解答が得られるような知識を重視した問題が多かった。大問数や設問数・解答数は昨年と同じであったが、知識問題が2問増加、計算問題が2問減少して5問となったことからも、時間に余裕が出て解きやすかったことがわかる。その結果として、平均点がやや上がったようだ。しかし、細かい知識を問う問題も2、3あり、「化学と人間生活」に関する問題では、あまり広く知られていそうもない事項が登場するなど、少々解きにくいものも散見された。

2019年センター攻略重要傾向&対策法

傾向:原子の構造・電子配置・化学結合・濃度などの基本分野は必出する

対策:暗記カードを作成し、問題演習と暗記とを交互に繰り返すのがよい

 例年必ず出題されている、原子と分子・純物質と混合物・原子の構造・電子配置・化学結合・溶液の濃度など、基本分野については確実に正答が得られるように、周到な準備をしておきたい。2018年では、物質量を文字式で表す等、難問もいくつかあったが、大部分はごく基本的な問題から構成されている。基本事項は、とかくおろそかにしがちだが、きちんと復習して確実なものにしないと、容易に得点できるはずの問題にも歯が立たなくなる。この分野は暗記事項が多いので、早目に暗記カードを作成し、手を動かし、書くことによって用語やその意味・使い方を確認し、反復暗記で確実なものにしていきたい。そうでないと、きちんと頭に定着しないものである。


傾向:濃度や酸・塩基などで、思考力を要する計算問題が複数出題された


蛍雪時代

螢雪時代・3月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[科目別] センター8割得点への『重要傾向&対策法』 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中