page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

年間学習プラン【地理】地理現象を科学的に理解・攻略して、第1志望合格のカギを獲得しよう

  • [13科目別! 受験勉強マニュアル] 第1志望校「合格!」への年間プラン!
  • 代々木ゼミナール ●田村 誠先生
  • [2018/3/19]

まずはココから!
さまざまな地理現象を科学的に理解して、地理的思考力のブラッシュアップを図る

 「小麦の生産量(2014年)は1位が中国(約1.3億t)、2位がインド(約0.9億t)・・・」といった事実を暗記するのが地理学習と誤解している受験生は、早急に考えを改めてほしい。センター試験の出題などからも明白なように、地理学習の核は、種々の地理現象が生ずるメカニズムを科学的に理解し、地理的思考力を涵養することにある。したがって、(1)小麦は西アジアのカフカス地方一帯を原産とする。このため、(2)二大主穀のなかでも米と異なり耐寒性と耐乾性に優れ、熱帯地域を除く農耕可能な各地で栽培される。だから、(3)小麦の二大生産国は非熱帯諸国のなかで巨大な食料需要を有する人口二大国(2016年)、すなわち、中国(約14億人)とインド(約13億人)。このような理解と思考が重要なのである。


≪1学期≫
自然環境分野(地形・気候など)、産業分野(農牧業・鉱工業など)、人口・都市分野の攻略に取り組む

 自然環境分野(地形・気候など)、産業分野(農牧業・鉱工業など)、人口・都市分野の3分野は地

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[13科目別! 受験勉強マニュアル] 第1志望校「合格!」への年間プラン! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中