page_top

センター試験の確定志願者数は、57万5,966人で2年連続増加!現役生は3年連続増加、現役志願率は43.9%で過去最高

  • 2017年センター試験出願速報[第2弾]

大学入試センターは2017 年1月14・15 日に実施されるセンター試験の確定志願者数を発表した。志願者数は57 万5,966 人で、2016 年より1万2,198 人(2.2%)増え、2年連続で増加した。現役生は3年連続、既卒者は3年ぶりの増加となった。男子は2年連続、女子は3年連続の増加。女子は前年、増加人数の90.6%を占めたが、今回は40.9%である。


2017年センター試験出願総数

2017年センター試験の志願者数&現役志願率の推移

2017年センター試験の出願状況の特徴

【1】志願者数
 ● 2017年3月の高卒者数は、今春に比べ約9,000人(0.8%)増の約107 万3,000 人と推測される(旺文社推定、通信制課程含まず)。
 ●上記のように、来春の高卒見込者数が増加する状況で、2017 年センター試験の志願者数が前年より1 万2,198 人(2.2%)増の57 万5,966 人と、2年連続で大幅に増加した主な背景としては、次のような点が挙げられる。
 ☆現役生の“ 大学への進学志向” を示す「現役志願率」(=現役志願者数<実数>÷現役卒業者数<中等教育学校後期課程含む>)は、2011 年(55.4%)~ 2014 年(54.9%)の4年間における下降もしくは停滞から、2015 年= 55.5%、2016 年= 56.1%と2年連続で上昇している。2017 年もこうした進学志向の高まりは引き継がれているとみられる。
 ☆前年の難関私立大の合格者数絞込み(定員管理強化)による既卒者の増加と、私立大の公立化による公立2大学のセンター試験全面参加なども志願者数を押し上げた。
 ☆私立大のセンター試験利用は、参加大学数が前年より1大学減ったものの、センター試験利用入試の募集人員はほぼ前年並みとみられる。また、センター試験を用いた新方式実施(一般入試・センター試験併用、同一学部で複数回入試を実施する複線化、併願割引など)が目立つ。なお、2017 年のセンター試験利用大学・短大は、公立2大学増・私立1大学減の国公私立694 大学/私立3短大減の154 公私立短大である (2016 年12 月初旬現在)。
 ☆国公立大では学力を把握するため、センター試験を課す推薦・AO入試を導入する動きが拡大しており、2017 年の実施大学・学部数は127 大学310 学部と2016 年より6大学25 学部増えている。

【2】現役志願率
 ● 1990 年のセンター試験(現役志願率15.0%)開始以来、毎年、上昇の一途をたどっていたセンター試験の現役志願率は、2011・2012 年の41.6%(同率)/ 2013・2014 年の42.1%(同率)と、二度の“ 停滞状態” を経て、2015 年は42.5%の上昇に転じた。2016 年は43.4%、2017 年は43.9%と3年連続の上昇で、過去最高を更新した。

【3】現役生、既卒者の志願者数
 ●センター試験志願者の現役生は2008 年に減少したが、2009 年~ 2011 年は3年連続で増加。2012 年は4年ぶりの減少、2013 年は高卒者数の3年ぶりの増加などで2年ぶりに約2万人(4.6%)増の約46 万人だった。2014 年は高卒者数の2年ぶりの大幅減などから、現役志願者も2年ぶりに減少した。2015 年は、高卒者数の増加と大学「現役志願率」の上昇などから、現役志願者数は2年ぶりに約1 万2,000 人(2.7%)増の約45 万5,000 人となった。2016 年は、高卒者数は減少したものの、大学「現役志願率」の上昇と現役志向の強い女子の志願者増によって、前年より約7,000人(1.5%)増の約46 万2,000 人となった。2017 年は高卒見込み者の増加に加え、大学「現役志願率」の上昇などが見込まれ、前年より約9,500 人(約2%)増の約47 万2,000 人となった。
 ●一方、既卒者は前年より約2,700 人(約3%)増の約9万9,000 人で、3年ぶりに増加。

【4】都道府県別でみた主な出願状況
 ●志願者数は、東京が7万3,753 人で例年どおり突出していて、これに愛知(3万9,962 人)、神奈川(3万6,935 人)、大阪(3万3,163 人)、埼玉(3万1,703 人)、兵庫(2万6,214 人)、千葉(2万5,675 人)、福岡(2万3,851 人)と、2016 年とほぼ同じような顔ぶれが続く。
 ●現役志願率は、東京(現役志願率57.1%)が5年連続で首位をキープし、これに2位広島(同54.8%)・3位愛知(同52.6%)以下、富山、石川、山梨、群馬、福岡、新潟、埼玉、兵庫、栃木、奈良と、45%以上の高率が続いている。

この記事は「螢雪時代(2017年2月号)」より転載いたしました。
蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

2017年センター試験出願速報[第2弾] 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中