page_top

センター試験の志願者数は57万人程度で、微増か!?

  • 2017年センター試験出願速報[第1弾]

来春の高等学校卒業者数は、今春に比べて0.8%増の約107 万3,000 人と推測される。そうした中、2017 年センター試験の出願受付が10 月7日に締め切られた。大学入試センターから発表された、同日17 時現在の出願状況を紹介しよう。


2017年度/国立大教員養成系学部の改組・定員増減の予定

注1.(  )内は、前年締切日(2015 年10 月9日17 時現在)の志願者数と比較した増加数・割合を示す。
注2.2016 年10 月7日の消印まで、出願を受け付ける。
注3.重複出願等の確認、試験場の指定等を行った後、確定志願者数等の統計資料や試験場一覧が発表される(12 月上旬予定)


2017年度/国立大教員養成系学部の改組・定員増減の予定

2017年センター試験の出願状況の特徴

【1】 現時点(出願締切日)での全体の志願者数は54 万359 人で、前年より8,479 人(1.6%)増えているが、この要因として主に次の①~③が考えられる。
 ①来春(2017 年3 月)の高等学校卒業者数が今春に比べて0.8%増えると推測される中、2017 年の大学受験生数も前年より約7,000 人(1.1%)増えて67 万2,000人前後になると予測される。
 ②センター試験は国公立大のすべてと私立大の約9割が利用しており、私立大一般入試では2017 年もセンター試験を用いた新方式実施(一般入試・センター試験併用、同一学部で複数回入試を実施する複線化、併願割引など)が目立つ。
 ③国公立大では学力を把握するため、センター試験を課す推薦・AO入試を導入する動きが拡大しており、2017 年の実施大学・学部数は127 大学310 学部と2016年よりも6大学25 学部増えている。

【2】 現時点での志願者数を現役生・既卒者別に見ると、現役生が前年より6,840 人(1.5%)増の45 万2,961 人、既卒者が1,639 人(1.9%)増の8万7,398 人となっている。今後消印有効分が加わり、最終的には現役生は前年より増えると予測されるが、既卒者は減少に転じる可能性もある。

【3】 最終的な全体の志願者数は、今後消印有効分が加わり、57 万人程度になるとみられる。
 これは前年の56 万3,768 人(確定)より微増で、2年連続の増加になると予測される。

2017年度/国立大教員養成系学部の改組・定員増減の予定
この記事は「螢雪時代(2016年12月号)」より転載いたしました。
蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

入試データ分析 記事一覧

入試データ分析 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中