page_top

≪夏にレベルアップ!≫【倫理】重要な宗教思想を攻略して、思想史の全体像を把握する

  • [13科目別]夏の超レベルアップ↑学習術
  • 河合塾 中川 雅博 先生
  • [2017/7/19]

夏休み40日は受験の天王山といわれる。
今やるべきこと、今やらないと後悔することをしっかり見極め、この夏克服すべき最重要課題を洗い出そう。
ここでは各科目についてレベルアップ学習術の詳細を解説する。
入試で最大成果を上げるための夏休み学習計画のポイントも示したので是非参考にしてほしい。


夏の最重要課題はこれ!

Level up 1
俯瞰図を作って思想の異同を確認・・・・《時間配分 60 %》

教科書の見出しを参考に、思想史の俯瞰図を作る

使用アイテム:教科書

 センター試験が求める学力とは、類似する思想の共通点と相違点がわかり、それを与えられた選択肢に当てはめて設問の求める正答を選び出す能力である。例えば、受験生は「復古神道」の語を含む選択肢を見ると平田篤胤についての選択肢だと即断してしまうが、実際は本居宣長など他の国学者の説明にも使える言葉であるため、「復古神道」という語があるというだけでは、その選択肢が平田の思想の説明だとは即断できない。受験のレベルで他の国学者と平田を区別する指標は、死後の霊魂の行方についての見解にある。そこで夏休みの前半は、教科書の見出しを参考に、「~学」や「~論」や「~主義」などを、源流思想、西洋近現代思想、日本思想ごとに歴史的な発展の順に並べ、これらに関連する人物を抜き出し、その思想の共通点と相違点がわかる俯瞰図を作ろう。

Level up 2
毛嫌いせずに、宗教思想を極める・・・・《時間配分 15 %》

聖典や原典資料を読み込み、宗教思想の理解を深める

使用アイテム:教科書・用語集掲載の資料

 センター試験全体の設問数からすれば、宗教思想を直接問う出題の数は多いとは言えない。だからといって、宗教思想が重要ではないということではない。西洋近現代思想の源泉の1つはアブラハムの宗教であり、東洋思想の源泉は仏教や儒教や老荘思想だ。つまり、哲学思想の大半が宗教思想の知識を前提に語られたものだから、宗教思想の理解を欠いたままでは、哲学思想の理解も深まらず、西洋近現代思想や日本思想などでの得点も伸びない。センター試験では解釈上の込み入った宗教思想理解や知識が問われることはないから、夏休み中に少なくともモーセ・イエス・ムハンマド・ブッダ・孔子・老子の言行を、歴史的な背景を踏まえながら、偏見を抱かず確実に抑えよう。さらなる高得点を狙うには、教科書や用語集に掲載されている聖典や原典の言葉の理解も深めよう。

Level up 3
過去問演習よりも、基礎知識を固める・・・・《時間配分 25 %》

1問1答集を使って知識の定着・確認・拡張を図る

使用アイテム:市販の1問1答集

 センター試験で問われる論点は毎年似ているから、過去問演習を中心とした学習でも以前なら平均点程度は得点できた。しかし、まったく同じものが出るわけではない。また、近年のセンター試験は教科書掲載頻度の低い内容に関わる出題があったり、出題歴のない人物に関する出題もあったりするので、過去問演習だけでは平均点に届きにくくなっている。焦って過去問に取り組んでも、ただ解答を覚えるだけで、本番を突破する真の学力はつかない。むしろ、夏休みの後半は正誤が明快な1問1答集を用いて、夏休み前半で俯瞰図を作りながら学習してきた思想家に関する知識や用語が身についているかを確認し、並行してマイナーな思想家やテーマに関する知識を増やして、秋からの学習の跳躍力を育てよう。過去問演習は、直前期を中心に近年の出題形式を知る意図で行えばよい。

プランニングのポイントはここ!

1 単元やテーマによる1日の学習計画を立てる
2 毎日の学習のムラは気にせず、完走を目指す
3 知識習得を最優先し、過去問演習を急がない

夏の学習の“疑問&悩み”Q&A

【Question】 法律や条約の規定も、覚えたほうがよいですか?

 倫理における問題は,例えば臓器移植をめぐる問題のように、法律の規定では決定できない領域にまで及ぶ。したがって、まずは法律ではどう規定されているのかを知っていなければ、何が倫理分野の固有の問題なのかわからないので、臓器移植法や対人地雷禁止条約などの教科書にある法律や条約の特徴的な規定は確認しておこう。

【Answer】 最低限、教科書にある規定の確認は必要である

【Question】 本文や資料文読解の訓練は必要ないですか?

 センターでは本文読解問題が4問、資料文読解問題が4問、統計資料問題が1問程度出題され、配点も約25点分あるため、確実に得点できるようにしておきたい。しかし、夏休みは基本用語を覚えて、より多くの知識を獲得することに集中しよう。その基礎学力をもとに直前期に行う過去問演習で読解問題を解くコツを掴めばよい。

【Answer】 必要だが、焦って夏休みに行う必要はない


この記事は「螢雪時代(2016年8月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[13科目別]夏の超レベルアップ↑学習術 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中