page_top

夏に苦手を解消!【日本史】文化史&近現代史の苦手分野を攻略して、日本史を切り札にしよう!

  • 難関大攻略に欠かせない![13科目別]苦手解消!絶対ルール
  • 代々木ゼミナール個別指導スクール/菅野 祐孝先生

難関大合格には、科目、分野、単元、解き方などに関わるウィークポイントの早期発見と克服が不可欠。
そして、1学期後半から夏休み終了までに苦手を解消できるか否かが、秋以降の成績向上に直結する。
多くの受験生が苦手とする分野を得点源に変えることが出来れば、受験本番で有利になることは間違いない。


文化史&近現代史の苦手分野を攻略して、日本史を切り札にしよう

ノート整理と問題演習で慣れることが大切!

 分野別に見ると文化史と近現代を苦手とする受験生が多い。どちらも覚えることが多すぎるというのが原因らしいが、入試では必出分野なので、サブノート整理と問題演習を積んで得意分野に切り替えよう。特に夏休みには文化史の整理が必須である。つまり2学期になると近現代史のサブノート整理と問題演習、論述対策、過去問研究など勉強量もかなり増えるので、文化史はどうしても夏休み中に仕上げておかなければならないからだ。また出題形式別では記述問題や正誤選択問題、内容別では史料問題に苦手意識を感じている受験生も多い。難しい歴史用語は何度も紙に書いて覚えるしかないが、正誤問題は教科書を読む際、因果関係をしっかり押さえながら流れを理解すれば、正誤の判定はさほど難しくはないはずだ。


症状別
苦手解消ストラテジー

症状
古代~近世までは得意なのに、教科書の半分近くを占めている近現代史が苦手

 模擬試験でも簡単な問題や知っている問題が出ればそこそこ得点できるが、近現代史全体に対して何か抵抗感があるように思えて、好きになれず自信がもてない。

原因

 国内の政治・経済や世界情勢などを、完ぺきに覚えなければならないと自分を追い込んでいる

解消法

 近現代史は教科書を中心に学習するといっても、教科書をそのまま読みつないだだけでは全体の流れが見えてこない。そこで政治分野なら政治分野だけを読みつないでみると、近現代の政治史の大きな流れが見えてくる。それをまず「近現代政治史」と題してサブノートにまとめよう。次に経済分野、そして外交分野という具合に分野別に読みつないではサブノートに整理すると、分野別ながら全体を俯瞰することができる。まずは全体の流れを把握することが先決で、細かい事項は問題集を解きながら確認していくことで十分に試験に太刀打ちできる力がつく。ノート整理と問題演習量が苦手意識の解消に大いに役立つだろう。


症状
文化史恐怖症と言ってもいいほど文化史が苦手で、文化史が出るとお手上げ状態

 寺院建築を見ても仏像彫刻を見てもみな同じように見えてしまい、何文化の遺構なのかさえ判断できなくなり、自分の記憶力の弱さに自信をなくしてしまいがちである。

原因

 一度に全部を覚え込もうとしたり、単にマーカーを引くだけで勉強していると錯覚している

解消法

 文化史に限らず、テストで得点に結びつけるには覚える以外方法はない。文化史の場合もまず旧石器文化→縄文文化→弥生文化の順に、見開き2ページを単位にサブノートに歴史名辞を整理することが先決である。その際、文化の特徴を箇条書きでまとめたあと、美術(建築・彫刻・絵画・工芸)、文学・史書・教育、宗教(仏教・神道・キリスト教)などを教科書を読みながら書いてまとめよう。次に大事なのが暗記の仕方だが、覚えるときには声に出して頭に入れること。これが記憶力のアップに最も効果的な方法だ。無言で線を引く勉強だけではなかなか記憶として残らないので、ぜひ声に出して暗記する方法を実践しよう。


症状
正誤問題が出ると、選択肢のすべてが正文に見えたり全部が誤文に思えたりしてしまう

 文中に明らかな誤りがあればすぐ誤文と判断できるが、因果関係やその時代に適合するかどうかを吟味させる問題の場合は特に難しく感じる。

原因

 一問一答的な語句暗記の学習に重点を置いているので、歴史の流れが理解できていない

解消法

 正誤問題は語句の知識を試す問題ではなく、時代背景や歴史の流れ、因果関係などに対する理解の有無を問うものである。したがって、一問一答的な語句暗記の学習では歯が立たない。つまり語句の暗記力よりも内容に対する理解力がモノをいう。したがってマーカーを使うときも、歴史用語だけではなく文章全体に引いて理解を深めるように学習方法を切り替えよう。またセンター試験や私立大の入試問題をみると、選択肢のすべてが正文の場合でも設問には「この時期のできごとについて述べた文として~」と「この時期」という時代条件を設定している場合も多いので、設問文にある条件を読み落とさないことも大切である。


症状
古文が苦手なせいもあって、日本史史料の口語訳が不得手で内容すらうまく把握できない

 教科書に載っている史料はなんとかなるが、特に初見史料の場合、文中に設けられた空欄補充問題はもちろん、正しい解釈文を選ばせる問題もできない。

原因

 文語体の表記に慣れていないことと、史料解読に対する基本的なコツをつかんでいない

解消法

 ほとんどの史料には末尾に注がついているが、試験ではその注に関する内容や出典名などがよく出題されるので、注と出典の名称や著者名などをまず押さえ、特に年号についてはできるだけ西暦年代に置き換えられるようにしておこう。また史料文中に空欄を設けて適語を入れさせる問題もあるから、少なくとも教科書に掲載されている史料は確実に読み込んで意味を理解しておかなければいけない。また初見史料については、文中に年号や人名、時代背景を示す用語などがヒントとして必ず入っているので、それを手がかりに何についての史料なのかを「推測しながら」読み、だいたいの意味内容がつかめれば十分である。


この勉強法はNG!

× 用語集で低頻度の語句を覚える
難関大では低頻度の語句が出ると思っている人がいるが、やるだけ無駄で何の意味もない

× 一問一答集で語句の暗記に集中する
入試問題は一問一答で構成されているわけではないので、ただちに実戦力には直結しない

× この時期に志望校の過去問を解く
今は基礎固めの時期なので過去問研究にはまだ早い。2学期後半からでも十分に間に合う

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

科目別アドバイス 記事一覧