page_top

夏に苦手を解消!【化学】苦手な項目を早めに確定させ、理解と反復演習で克服しよう!

  • 難関大攻略に欠かせない![13科目別]苦手解消!絶対ルール
  • 『螢雪時代』アドバイザー/庄司 憲仁先生

難関大合格には、科目、分野、単元、解き方などに関わるウィークポイントの早期発見と克服が不可欠。
そして、1学期後半から夏休み終了までに苦手を解消できるか否かが、秋以降の成績向上に直結する。
多くの受験生が苦手とする分野を得点源に変えることが出来れば、受験本番で有利になることは間違いない。


苦手な項目を早めに確定させ、理解と反復演習で克服しよう

苦手の内容を分類して、それぞれに対応させる

 化学の何が苦手かを聞いてみると、多くの人は「暗記事項がちっとも頭に残らない」とか、「計算がいつも合わない」と返ってくる。当然、単なる丸暗記をしても頭に残るわけがない。後に示す解消法で苦手な暗記を克服したい。一方、計算を必要とする問題では、正しい計算結果をいかに速く得られるかが勝負だ。入試では電卓を使用できないのはあたりまえ。面倒でもこれからの時期は、四則計算をすべて筆算で行って、夏休み明けまでに計算力を高めておきたい。この時期までに身につけておかないと、後まで尾を引くことになる。すき間時間を利用した絶え間のない暗記作業のもと、重要事項に関する知識の積み重ねや、計算力の増強によって、要求された結果が正しく求まるようになり、苦手も次第に解消されるはずである。


症状別
苦手解消ストラテジー


症状
元素の周期表や無機物質の化学式、有機物質の名称などがなかなか暗記できない

 暗記しなければ始まらないことはわかっているし、暗記さえできれば、それを元にしてさまざまな現象が理解できるようになるとわかっていてもなかなか覚えられない。

原因

 単にリストアップしたものを何の工夫もなく、そのまま丸暗記しようとしているため

解消法

 周期表・炎色反応・イオン化列など、よく知られた語呂合せがあるものについては、それを利用すればよい。イオンや化合物の名称・化学式・色・溶解性など、個々の物質の性質を暗記するのには骨が折れるだろう。暗記カードを作成し、暗記作業をするときは、図や写真が豊富な資料集の関連する箇所を参照し、印象づけながら覚えると定着しやすい。暗記した事項は時間が経つと忘れてしまうので、繰り返し「すき間時間」を利用して忘れる以上に覚えることに尽きる。暗記物の問題で失点したら、順不同でよいので1冊のノートに忘れてしまったものを書き溜めておき、あとでまとめて覚え直すと効率的に欠けたところが補える。


症状
計算式が誘導できても、数値計算が苦手で時間がかかり、おまけに間違えることが多い

 化学に登場する計算は、ほとんどが四則計算で複雑なものがなく、また、筆算が面倒なので軽い気持ちで頻繁に電卓を使っているが、これが間違いの元になっているようだ。

原因

 普段から電卓を使っているので、いつのまにか筆算が苦手になっている

解消法

 計算を間違える原因の1つは、普段から電卓を使って演習をしているからであろう。入試では電卓が使えないのだから、速くて正確な筆算の実力を、普段の訓練によって備えておく必要がある。また、筆算の前に左辺の単位どうしの計算をして、その結果が求める単位に一致するかを確認し、式が正しいかのチェックをしてから取りかかるのも手である。答えの数値の範囲がある程度予測できる場合は、それに収まっているかも確認しよう。たとえば、気体の分子量では、1桁はないし、数百以上の分子量をもつ物質もない。このように、ある程度数値の範囲を予測して計算を進めれば、異常な数値になったとき気が付いて救われる。


症状
問題集は自力でだいたい解けるが、模試など、特に長文問題はさっぱり歯が立たない

 問題集を家で解くときは、時間はあまり気にならないが、模試などのテストになるとどうしても焦ってしまうので、問題文が冷静に読めなくなってしまう。

原因

 リード文中で設問に直接関係のない情報によって、本命の重要な部分を見失っている

解消法

 問題集では問題のタイトルがヒントになるし、多くは1つの事柄だけを理解していれば容易に解けるものが多い。しかし、模試や本番では、長文問題や程度の高い問題で構成されていることが多い。リード文が長い問題では、設問とは直接関係ない事柄が長々と書かれていて、それに惑わされてしまい、的をはずしたまま終わってしまうことがある。このような問題では、設問から先に目を通すのが手だ。何を問うているかがわかれば、リード文の本当に必要な部分にアンダーラインが引けるし、不要な部分はさっと目を通すだけになるので、普段解いている問題集のような、容易に解ける問いにすることができるだろう。


症状
実験・観察に関する問題で、知らない器具や使い方がわからないなど、戸惑ってしまう

 実験・観察問題は、以前にも増して出題の頻度が高くなっているようだし、重要なことはよくわかっているが、どのように対策すればいいのかわからない。

原因

 実際に体験していないので、具体的な手順やその理由などが思い浮かばない

解消法

 学校での実験が非常に少なく、実験・観察に関する問題に不安があるという声はよく聞かれる。実験・観察は、実際に体験することが最も望ましいが、チャンスがない場合や簡単にできない実験は、資料集などで実際のようすを確認しておくのがよい。また、教科書に出ている生徒実験は頻出問題の素材となることが多いので、頭の中で実験したつもりになって手順などを読み、「なぜそうするのか?」を考えながら学習するとよい。蒸留、ろ過、気体の発生・捕集・乾燥装置、分液漏斗による分離、また、計算問題などと融合させた気体の分子量測定、中和滴定、凝固点降下、浸透圧などは必ず手順などを身につけておきたい。


この勉強法はNG!

× 電卓を使っての計算
「合格まで使わない」という信念のもとに、割り算と掛け算の筆算の訓練を積んでおく

× 反応式を書いたままにしておく
必ず両辺の原子の種類と数が合っているかの確認をしてから、量的関係などに進む

× 解説を見て解けた気分に浸る
解けないときすぐに解説を見ずに、参考書などの類似問題の解法を参考に自力で答える

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

難関大攻略に欠かせない![13科目別]苦手解消!絶対ルール 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中