page_top

夏までの基礎固め【現代社会】学習法:教科書を中心に学習を進めつつ、ニュースで時事的情報も確認する

  • 主要[13科目別]入試に勝つ!インプット学習法
  • 河合塾/吉見 直倫 先生

1学期半ばから後半へと続くこの時期、難関大志望者にとって何より大切なことは、夏休み以降の得点力UPに向けた学力の土台をしっかり固めることに他ならない。
そのためにはインプット学習に注力し、“憶えるチカラ”を最大限に発揮することだ。
ここでは、志望校合格に直結するインプット学習の重要点と、記憶を定着させる学習アイテムの選び方、そして陥りがちな伸び悩み克服などを主軸に紹介する。
主要科目の特性を踏まえた、実戦的アドバイスに耳を傾けてほしい。

インプット学習、ココがポイント

・教科書の精読を重視しながら用語集・辞書を用いて積極的に調べる
・「一般常識のみで対応できる」という安易な考えは捨てる
・「ノートにまとめること」に時間をかけすぎないよう注意する

最も基本的な学習方法は、教科書の本文を精読すること

 現代社会の受験生のなかには、地歴(地理、世界史、日本史)や倫政(倫理、政治・経済)と比べて「少ない労力で高得点がのぞめる」と、安易に考えている人が少なくないようだ。確かに、現代社会では覚えるべき知識量が地歴や倫政よりも少なく、入試において一般常識で解ける問題が出題されることもある。しかし、現代社会で高得点を獲得するとなると、相当量の時間をかける必要がある。高得点をのぞむのであれば、「一般常識のみで対応できるから、それほど時間をかけずに高得点がとれるだろう」という短絡的な考えは排除してもらいたい。
 また、現代社会の学習は、「ノートにまとめること」よりも「教科書本文の記述を精読すること」を中心に据えたい。「ノートにまとめること」が理解を深めるうえで有効なことは否定しないが、この科目の内容をすべてノートにまとめるには、時間が足りない。かりに、「ノートにまとめること」を実践するのであれば、苦手単元のみでよいだろう。

記憶を定着させる+α勉強法

獲得した知識を活用・定着させるためにも問題を演習する

 現代社会を学習するうえで大切なことは、多岐にわたる知識を覚えていくことにあるが、たんに用語や人名、数字などを丸暗記しても試験の得点は伸びない。試験の得点を伸ばすためにも、教科書を中心とした知識のインプット学習と並行して、少量でも良いから問題を演習しておきたい(例えば一問一答形式など)。インプットした単元ごとに問題を演習し、「獲得した知識をいかに活用するか?」を学び取り、試験問題で正解を導くための「気づき・ひらめき」に磨きをかけよう。

インプット学習に欠かせない記憶アイテム

●教科書・参考書
使うコツ: 参考書は教科書理解のサポート役として利用する

 インプット学習の中心は教科書である。教科書の内容を完全に理解できれば、間違いなく高得点が期待できるだろう。なお、市販されている参考書は、教科書理解のサポート・アイテムに位置づけられる。

●用語集・辞書
使うコツ: わからない用語の意味を、素早く調べるために使う

 「不明なところは用語集や辞書(電子辞書も可)を用いて積極的に調べる」ことを習慣にしてもらいたいくらい、「調べる」という作業は重要である。「自ら主体的に調べた知識」というのは、間違いなく記憶に残りやすい。

●資料集・図説
使うコツ: 多くの図表やグラフに触れるための有効なアイテム

 入試問題では、図表・グラフの内容を読み取らせる問題がよく出題される。日常的に資料集や図説に掲載されている多種多様な図表・グラフに触れておくことで、分析力や考察力に磨きをかけておきたい。

●憲法の条文・年表・地図
使うコツ: 問題演習と並行させて、辞書的な存在として活用する

 多くの教科書は、巻末部分(場合により巻頭部分)に日本国憲法の条文・年表・地図を「付録」として掲載している。問題を演習したあとの復習段階で、辞書のように何度も確認することを勧めたい。

資料集や図説なども活用して、知識を多角的に捉える

 教科書(あるいは市販の参考書)と用語集・辞書(電子辞書)を準備し、最初は教科書を単元ごとに徐々に読み進めよう。意味のわからない用語が出てきたら用語集・辞書などでその内容を調べ、知識の拡充と定着に努めたい。また、この段階の学習は、知識の定着に重きを置くため、「一度きり」ではなく「反復すること」を実践したい。
 教科書を中心とした学習がある程度進み、基本的な知識が定着してきたら、次に資料集・図説(学校で用いる副教材的なもの)を活用して学習するとよいだろう。資料集・図説は、豊富に図表・グラフを掲載しているだけでなく、教科書とは異なる視点(表現)で記述していることが少なくない。入試問題の多くは、教科書に登場する知識を、教科書とは別の表現に置き換えて記述してくるので戸惑ってしまうケースも十分に考えられる。このことから、資料集・図説を活用することによって、さまざまな知識を別の表現に置き換えられても対応できる応用力を養っておきたい。

インプット中の悩み、Q&A

 難しいこともあるのですが、用語や人名を覚えるのが苦手です。覚え方のコツがあれば教えてください。


 一問一答式のクイズ形式で覚えていくことをお勧めします。たとえば、苦手な単元の用語や人名を「問…〇〇を何というか?」「答…◇◇」という形式で箇条書きにしたり、単語帳のようにカード化したりすると覚えやすいでしょう。ただし、たんに用語や人名を丸暗記しても、試験の得点は伸びません。大切なことは、「なぜそうなるのか?」という視点を持ちながら多岐にわたる知識を理解しなければならない、ということを肝に銘じておきましょう。

 時事問題の対策をどうすればいいのかわかりません。時事関連の事項はどのように学習すればよいですか?


 時事問題の対策としては、新聞やニュース番組に日々触れていくことが有効です。とくに押さえるべきは「現代社会の科目で学んだ内容と重なるニュース」です。たとえば、新聞の見出しなどで「最高裁判所が違憲(合憲)と判断」と書き出してあったときなどは、現代社会の科目で学んだ内容と重なる可能性は高く、こうした記事は優先的に精読しておくべきです。ポイントは、新聞にある「すべての記事を読むこと」ではなく「拾い読みを行うこと」です。

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

科目別アドバイス 記事一覧