page_top

夏までの基礎固め【世界史】学習法:授業で使うアイテムを中心に、「理解する学習」を繰り返す

  • 主要[13科目別]入試に勝つ!インプット学習法
  • 東京都立駒場高等学校/津野田 興一先生

1学期半ばから後半へと続くこの時期、難関大志望者にとって何より大切なことは、夏休み以降の得点力UPに向けた学力の土台をしっかり固めることに他ならない。
そのためにはインプット学習に注力し、“憶えるチカラ”を最大限に発揮することだ。
ここでは、志望校合格に直結するインプット学習の重要点と、記憶を定着させる学習アイテムの選び方、そして陥りがちな伸び悩み克服などを主軸に紹介する。
主要科目の特性を踏まえた、実戦的アドバイスに耳を傾けてほしい。

インプット学習、ココがポイント

・予習を行う際には「なぜ?」と考えながら教科書を読む
・「覚える」ことを目的とせず、「理解する」学習を意識する
・教科書や問題集を繰り返し学習して、「理解」の定着をはかる

「問題意識」をもちながら「なるほど!」と理解するまで頑張る

 どの科目にもあてはまることだが、覚えなければいけないと強制されながらの勉強は面白くないものだ。どうせやらなければならない勉強なのだから、できれば楽しみながら進めていきたい。
 そこで大切になるのが、「なぜ?」という「問題意識」をもつこと。受け身の勉強ではなく、自分から答えを見つけにいこう。そのためにも、事前に教科書を読んで、「わかる」ところと「わからない」ところを自分で把握しておくことが重要になる。「なぜ?」という「問題意識」をもちながら、授業で「なるほど!」と理解することができれば、覚えるための基礎ができあがる。
 そして、放課後や自宅に戻ってからもう一度教科書を読み直してほしい。自分の理解が深まっていることを必ず実感するだろうし、予習段階では気がつかなかったことを発見できるかもしれない。その際に、図説や用語集を併用することでさらに理解を深めよう。あとは単元別の問題集を使って繰り返し学習し、知識を定着させていけばよい。

記憶を定着させる+α勉強法

世界史クイズ大会を開催して、記憶の定着をはかる

 休み時間や放課後などの「空き時間」を使い、友だちと世界史の問題を出しあってみよう。実は自分がある程度理解していないと問題を出すことなどできないはずだ。中間試験や期末試験などに合わせて、教科書やノートを参照しながら5問ずつ問題を出しあってみるとよい。「ピンポーン!正解!」とか「ブブー!不正解」などと言いながら、クイズ気分でしかも真面目にやると、互いに実力が伸びることを実感できると思う。クラスの友人との仲が深まるという副産物も生まれるかも。

インプット学習に欠かせない記憶アイテム

●教科書
使うコツ: 学習の基本に置いて読み込み、つながりを確認する

 教科書はやはりすべての学習の基本なので、テーマや章ごとに何度も読み込み、マーカーを塗ったり書き込んだりして、世界で1つだけのオリジナル教科書を作るとよい。あとはセルシートなどを使って確認していこう。

●自作のノート
使うコツ: 復習の際に書き加えて、因果関係を確認する

 授業で作りあげたノートには、自分なりに理解した出来事の因果関係が書かれているはず。復習する際に調べて新たにわかったことなどを追加しながら見直しをして、自分でその因果関係を説明できるかを確認しよう。

●図説・資料集
使うコツ: より深い理解を得ることと、イメージ作りに利用する

 教科書を読むときに、必ず一緒に当該テーマの部分を参照すること。地名が出たら地図で必ず確認する習慣をつけておこう。人物の顔写真を見てイメージを作り、テーマ史などまとめてある部分を積極的に利用しよう。

●実戦的な問題集
使うコツ: 知識の確認・定着とともに、実戦演習として取り組む

 実際の入試問題を集めた通史の問題集を1冊買い、何回も繰り返そう。解説を読むことで教科書の説明を補い、理解した知識の確認と定着をはかると同時に、入試問題形式に慣れるための実戦演習を積み重ねよう。

学習の基本として教科書を中心において、完全理解をめざす

 世界史の学習で基本になるのは、やはり教科書である。センター試験では教科書内容から逸脱した出題は絶対にしないので、教科書を完全にマスターできれば私立大や国公立大の2次試験も含めて必ず高得点をとることができる。すべてがわからなくてもよいので(やがてわかるようになります)、教科書を何度も読み込んで理解していくこと。また、自分で調べたことや補足説明などを教科書にどんどん書き込んでいくのも効果的で面白い。図説には地図や年表、解説を加えた図表などが掲載されていて、用語集には人物や出来事の解説が載っているので、常に参照するようにしよう。覚えることを目的とするのではなく、理解することを意識すれば結果的に得点も上がっていくはずだ。
 そして入試問題を集めた実戦的な問題集で、知識の確認と定着に努めよう。教科書や授業とはひと味違った角度からの設問を解くことは、「なるほど、そのようにつながるのか!」といった新たな発見があるはずだ。

インプット中の悩み、Q&A

 文化史は人名や作品名が大量に出てくるので、いつも混乱して困っています。どうしたらよいでしょうか?


 文化史が苦手というのは、君の人生にとってもったいないことです。文化はそれぞれの時代や地域の特徴を示すものですから、「なぜこのような作品が作られたのか?」ということを、政治・社会・経済の動きとリンクさせて理解しましょう。また、美術作品なら図説やインターネットで写真を見るとか、音楽なら実際に聴き、文学作品ならそれぞれの文化から1つか2つを選んで実際に読んでみることをおススメします。理解が一段と向上するはずです。

 年代の羅列を見ると世界史の勉強がほんと嫌になってしまいます。どうやったら克服できますか?


 まずは、その時代を理解するために重要な年代を語呂合わせでもなんでもいいので覚えたうえでそれに関連する出来事を順序立てて整理していくのです。たとえばナポレオンが皇帝に即位するのが1804年。この年代をまず押さえます。それより前が統領政府時代ですから、アミアンの和約やフランス銀行の設立などは1804年以前の出来事であり、トラファルガーの海戦やアウステルリッツの三帝会戦はそれ以後の出来事だというように整理していくのです。

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

科目別アドバイス 記事一覧