page_top

夏までの基礎固め【生物】学習法:資料集などを活用しながら教科書の完全マスターをめざす

  • 主要[13科目別]入試に勝つ!インプット学習法
  • 東京都立竹早高等学校/真柳 仁先生

1学期半ばから後半へと続くこの時期、難関大志望者にとって何より大切なことは、夏休み以降の得点力UPに向けた学力の土台をしっかり固めることに他ならない。
そのためにはインプット学習に注力し、“憶えるチカラ”を最大限に発揮することだ。
ここでは、志望校合格に直結するインプット学習の重要点と、記憶を定着させる学習アイテムの選び方、そして陥りがちな伸び悩み克服などを主軸に紹介する。
主要科目の特性を踏まえた、実戦的アドバイスに耳を傾けてほしい。

インプット学習、ココがポイント

・ノートは教科書・資料集を活用して「オリジナル参考書」を作る
・問題集は「基礎」「標準」「過去問」の順で取り組んでいく
・間違えた問題は必ずやり直して確認する

早めに学習に着手して、不明なところがないようにしておく

 「生物基礎」は、すでに履修は終わっている学校が多いと思われるので、夏休み中にはひと通りの学習を済ませておきたい。また、多くの学校で2~3年生で履修する「生物」は、『生命現象と物質』『生殖と発生』の難易度の高い分野について、夏休みの終わりまでには演習を含めて終えておきたい。
 現役生にとっては時間的な余裕もなく、かなり厳しいスケジュールではあるが、現役合格をめざすには頑張ってほしい。とにかく現役生にとっては、入試直前に「もう一度やる」時間はないと、今の段階から肝に銘じておいたほうがよい。その意味では、学校での授業を十二分に活用し、時間内にできるだけ理解するように努めるとともに、仮にわからないところが見つかった場合は、すぐに先生に聞いて理解しておくようにしておこう。期末テストや模擬試験の問題も、すぐに自己採点をし、その都度必ずわからないところは質問をするなど、不明なままにしておかないことは言うまでもない。

記憶を定着させる+α勉強法

資料集を有効に活用したり、友だちと予想問題を作り合う

 資料集は、写真も多く、美しく見やすいので、眺めているだけで大いに知識の定着に役立つだけでなく、教科書よりはるかに多い情報が盛り込まれているので、模試などで習っていないことが出題されたときは、まず資料集で調べるとだいたい解決できるものである。また、中間・期末テストの前に友だちと予想問題を作り合うことも面白い。問題を作るためには、その項目のすべての知識が必要なので、非常に勉強になるし、採点も知識が定着していないとできないからである。

インプット学習に欠かせない記憶アイテム

●教科書
使うコツ: 基礎知識の習得と、知識の「まとめ」に利用する

 すべての学習の基本は教科書である。まずは教科書の重要事項・重要用語を覚えよう。「生物」はどの教科書もボリュームがあり、教科書に書かれていることすべて入試問題に出る可能性があることを肝に銘じよう。

●一問一答問題集
使うコツ: 教科書のまとめが終わったら、一問一答で定着を確認する

 一問一答問題(「基礎チェック」や「書き込み式の小問」など)は、多くの問題集の中に収録されているが、これはできるだけ早期に終わらせたい。単語カードのように自分で一問一答問題集を作成することも効果的だ。

●資料集
使うコツ: さらに細かい項目について、すぐに調べられるようにする

 生物の資料集は、いずれも情報量が非常に多く、すべて覚えるのは不可能な量であるが、細かく知りたいことを調べたり、疑問を解決するためには欠かせないものなので、手元に置いて利用できるようにしておきたい。

●自作のノート
使うコツ: 図を中心にノートにまとめ、オリジナル参考書として活用する

 自作のノートを「自分専用のオリジナル参考書」として編集するとよい。日常学習から試験会場まで持っていけるツールとして活用したい。サイズの小さいノートにすれば、通学時の隙間時間でも使いやすいだろう。

教科書を基本として「自作ノート」を作り、資料集を活用していく

 まずは授業に集中し、授業の中でできるだけ理解してしまうことに専念するとよい。知識のインプットと言えば、基本は教科書なので、教科書の活用を第一に考えよう。センター試験では「生物基礎」「生物」とも、設問の大半が教科書の内容を理解しておけば正解できる知識問題で構成されている。したがって、受験生としては、教科書の内容を完全にマスターすることを心がけなくてはならない。
 具体的に言うならば、教科書にマーカーを引きながら理解していくだけではなく、「自作ノート」を作りながら理解することが効果的である。ノートには重要語句だけでなく、たとえば、「細胞の構造」「腎臓の構造」「世界のバイオームと年平均気温・年降水量」(基礎)、「細胞間結合」「呼吸・光合成のしくみ」「ウニ・カエルの発生」(生物)などについて、図を描くとともに解説まで書き込んでおくと「オリジナル参考書」の趣になるだろう。「自作ノート」を作成するときに大いに役立つのが詳しい資料集である。

インプット中の悩み、Q&A

 いろいろな問題集をやる必要はわかるのですが、どのように使えばいいのかわかりません。


 問題集は「基礎」「標準」「応用」と徐々に難しい問題に取り組むことが実力アップのポイントですが、「生物」で受験する場合は、授業→「標準的な受験用問題集」の順で、「生物基礎」での受験生は「標準問題集」と「センター対策用問題集」を並行して解くことをお勧めします。いずれの場合も必ずノートに解答を記入し、間違えた問題は必ずもう一度やり直すことです。仕上げとして志望校の最低2~3年分の過去問に取り組んでください。

 生物の受験に役立つような、また息抜きにもなるような興味深い情報番組があれば教えてください。


 NHK教育テレビジョン(Eテレ)やBS放送で流される自然ドキュメンタリー番組や科学解説番組は、「バイオーム」「植生」「動物の行動」「生物の進化」などの学習に大いに参考になります。「遺伝」や「健康」の番組も多く、「風邪をひかない方法」の話題から「免疫細胞のはたらき」「予防接種とワクチン」などの最新情報が入手できることもあるし、バイオテクノロジーの内容などは、国公立大2次試験の対策としても役立つものです。

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

科目別アドバイス 記事一覧