page_top

夏までの基礎固め【物理】学習法:問題集を活用して理解を深め、使える知識を増やしていく

  • 主要[13科目別]入試に勝つ!インプット学習法
  • 代々木ゼミナール/中川 雅夫先生

1学期半ばから後半へと続くこの時期、難関大志望者にとって何より大切なことは、夏休み以降の得点力UPに向けた学力の土台をしっかり固めることに他ならない。
そのためにはインプット学習に注力し、“憶えるチカラ”を最大限に発揮することだ。
ここでは、志望校合格に直結するインプット学習の重要点と、記憶を定着させる学習アイテムの選び方、そして陥りがちな伸び悩み克服などを主軸に紹介する。
主要科目の特性を踏まえた、実戦的アドバイスに耳を傾けてほしい。

インプット学習、ココがポイント

・教科書や図解集などでイメージを持つ
・基本問題集の演習で基礎力を固める
・標準問題の解答を参考に解き方を習得する

教科書と問題集を活用して、演習を中心に入試レベルの力を蓄える

 教科書の内容を身につけるために、欠かすことのできないものが問題集である。問題集は、法則や原理、公式など、受験に必要な「道具」を使いこなす練習をすることを目的にするものであるが、最初は簡単な基礎問題集から始めて、受験に必要なレベルまで問題集の難易度を段階的に上げながら進めると効果的である。初めは慣れることから始めればよいが、できるだけ早めに志望校で要求される到達レベルを知り、そこに到達するための実現可能なステップを考えるようにしよう。決して無理をし過ぎることなく、自分に合った演習を着実に進めていくことがポイントである。
 また、問題演習の際に常に手元に置いて活用したいのが教科書である。読みにくく独学には向かないと言われる教科書だが、実際の問題を考えながら教科書を見てみると知りたいことが書いてあることに気づくはずである。さらに、入試の直前には教科書の集中的な通読によって最終チェックをするとよい。

記憶を定着させる+α勉強法

自分が理解できた問題を、解けない友だちがいたら解説してあげる

 実際の入試で活用できる力は、自分のものとして定着している知識だけである。しっかり理解できているかどうかは、模擬試験を受けるなどして実際に力を出してみることで初めてわかる。模擬試験を頻繁に受験するのは難しいので、理解できた問題を、その問題が解けない友だちに解説してみよう。友だちが納得して理解する説明ができれば、本物の力が身についている。仮にうまく説明できなくても、自分の理解が足りないところがはっきりするという副次的な効果も期待できる。

インプット学習に欠かせない記憶アイテム

●教科書
使うコツ: 入試に必要な法則・原理、公式などを確認する

 教科書は受験に必要な知識が必要十分に記されているので、受験勉強の初めから入試直前のチェックまで頼りになるものである。問題演習をするときに側に置いて活用することで効率よく学習を進めたい。

●基本問題集
使うコツ: 基本的な演習によって、使える基礎力を固める

 簡単で単純な問題を集めた基本問題集を活用して、法則や公式を実際に使いながら身につけていく。これは、スポーツでランニングや筋トレなど単純な運動を通じて基礎体力をつけるのと同じである。

●標準・応用問題集
使うコツ: 解答を見て解法を身につけ、難問で思考力を養う

 まず、解答を読んで典型的な問題の解法を真似することから始め、標準問題を自分で解く力を養っていく。さらに難関大志望者なら、少し難しい問題にじっくり挑戦して考える力を鍛えておくとよい。

●図解集や映像など
使うコツ: 実際の現象を見て、イメージをしっかり記憶する

 実験・観察を通じて現象を実際に見て理解することが理想であるが、写真やビデオを用いても印象が強くなり記憶に残りやすいものである。また、問題で扱われている状況がイメージしやすくなる。

段階的な演習を行うことで基礎力を身につけ、応用力を養う

 法則や原理、公式など、受験に必要な「道具」を示し、説明しているのが教科書である。しかし、教科書を読むだけで、法則などの「道具」を使える力が身につくわけではない。スポーツの練習で筋トレやランニングなどで基礎体力をつけるように、最初は基本問題集で基礎力を鍛えていく必要がある。ある程度実力がついてきたら、基本となる戦術を学ぶように、標準レベルの問題集で典型問題を中心に解法を身につけていくとよい。このとき、初めは模範解答を真似することから始めると効率的である。真似ができてきたら、少しずつ「自分らしさ」を出していく。難関大志望者の場合には、さらに少し難しいレベルの問題集に取り組み、考える力を磨いていくようにしよう。
 なお、得点力アップに直接効果があるわけではないが、時間を見つけて、図解集や映像などを見てイメージを定着させたり、新書など読みやすい物理の本を読んで物理に対するモチベーションをアップさせたりするとよい。

インプット中の悩み、Q&A

 公式や法則はしっかり覚えたのですが、どうやって問題に使えばいいのかがわかりません。


 公式や法則を単に丸暗記しても使えるようにはなりません。とくに公式は単なる記号の集まりとしてではなく、意味を持った言葉で表現できるものと考えてください。問題が解けるようになるためには、初めは解答を読んで解き方を真似することが大切なのですが、そのとき、式の意味を言葉で表現してみましょう。言葉にできるということは、自分なりに理解したということですから、自分で使う準備ができたことになります。

 知っている問題は解けるのですが、少し形が変わると解けません。でも、解答を読めばすぐに理解できます。


 解答を読むと理解できるということは、その問題を解ける力は身についています。ではなぜ解けないかというと、解く方法が自分のものになっていないためです。「なんかこうすれば解ける」という感覚で問題演習をしているのではないでしょうか。解くための一つ一つの作業を「なぜ」と考え、自分なりに納得しながら進めるようにしましょう。そうすれば、問題文を読んでこうしてみようという方針が立てられるようになります。

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

科目別アドバイス 記事一覧