page_top

センター試験【地学基礎】 出題傾向分析&“2018年”攻略対策

  • [主要19科目]センター試験 出題傾向分析&“2018年”攻略対策!
  • 河合塾/田中 理代 先生

センター試験の対策について考えるのはまだ早いと思っている受験生は考えを改めたほうがいい。
国公立大志願者にも私立大受験を想定している人にも、個別試験や大学独自入試に勝るとも劣らない位置を占めるセンター試験。
センター対策の成功・不成功が志望校の合否に直結するのだ。
2017年のセンター試験で特徴的だった科目別出題傾向の分析と、2018年に向けた対策及び攻略への重要ポイントを解説する。
さあ、高得点獲得へ向けた取り組みに今すぐ着手しよう。

地球と宇宙の歴史を理解し
現象と環境の関連を確認する

2017年センター試験出題分析

 2017年は、第1問は地球とその構成物質、第2問は地球環境と大気・海洋、第3問は宇宙、第4問は宇宙からの光と地球・生命の歴史に関する問題が出題された。問題数は前年と同じく15問であったが、2016年までの大問3問形式から4問形式へと変化し、第4問では分野を超えた融合問題が会話という新しい出題形式で登場した。2016年と比較すると、文の選択肢が11問→3問と激減し、その代わりに組み合わせの選択肢が1問→6問と増加、正誤問題も増加した点では時間に余裕ができたが、計算問題が1問→3問と増加したため、平均点は2016年より若干低下した。全範囲からバランスよく出題され、基本的な知識と考察力を問う良問であった。

2018年センター攻略重要ポイント&対策法

重要ポイント
図やグラフを読み取って
考察する問題が出題される

対策
図やグラフの意味を
理解するために自分で描いてみる

 2017年は、初期微動継続時間のグラフ、岩石スケッチ、地球温暖化のグラフ、太陽表層の写真、地質断面図など、図を読み取って知識とあわせて考察する問題が多く出題された。与えられた図やデータを考察するためには、地学現象の基本的知識が不可欠である。教科書の図やグラフの意味を考えながら、地学現象を丁寧に理解していこう。図やグラフを自分で書いてみると理解が深まる。今後も、定番の地質断面図や岩石スケッチは引き続き出題されるだろうが、そのほか出題の可能性がある図と関連するテーマとしては、地球の断面図から計測方法や楕円の証拠、内部構造、プレートと地震・火山の関係、大気の大循環と海流の関係などがあげられる。

重要ポイント
地球の環境問題や日本の気候、
自然災害が出題される

対策
地震・火山・気象災害と環境の変化、
日本の季節変化を確認する

 2015年には環境問題と日本の自然環境、2016年には地震・気象・火山災害が出題され、2017年は地球温暖化が3問、日本の自然環境と災害が2問と、自然と環境に関する出題が全体の3分の1を占めた。今後も、地学現象に関連した災害や人間活動に関連した環境問題、日本の自然環境に関する出題が予想される。現象そのものだけでなく、予知・避難・対策・ハザードマップなどにも注目しておきたい。また、地球規模で問題となっている地球温暖化・オゾン層破壊・酸性雨などの環境問題は、人間活動との関係や対策・影響、これまでの地球の環境変化との関連など、さまざまな角度から取り上げられる。ニュースや新聞などの情報にも耳を傾けておきたい。

重要ポイント
分野をこえた時間・規模を問う
融合問題が出題される

対策
地球と宇宙の歴史や構造を比較し
時間・長さなどの単位を確認する

 2017年は、第4問で「宇宙からの光と地球・生命の歴史」に関する問題として、固体地球と宇宙の融合問題が出題された。教科書では別々に扱われている地球の歴史と天体の距離とが組み合わされて出題され、各分野の理解力が問われた。今後も複数の分野にまたがって出題される可能性は高い。また、第3問の距離と光の速度を用いる計算問題や第4問の問1の光を放った天体の決定においても、時間と距離の関係が鍵となる。各分野における時間・距離・速さ・角度などの単位を正確に把握し、計算・変換できるよう準備しておこう。2017年は計算問題が増加している。計算問題は単位の換算で間違うこともあるので、その点を注意して演習を繰り返しておこう。


大問別平均点

*「大問別平均点」は旺文社の集計による数値

第1問

'16年 地震・自然災害・プレートの運動/地層と生命の歴史/火山と火成岩平均点21.5点/配点27.0点
'17年 A地球の構造と歴史 B火成岩平均点12.4点/配点17.0点

 A.問2は問題文の地震発生から2.5秒後にP波が観測されたこととグラフの初期微動継続時間からS波の到達時間を割り出し、速度を算出する。B.問5は火成岩の分類の表で、SiO2質量%、含有鉱物の割合(斜長石はCa→Naに富む)、色指数、密度を確認しておく必要があった。

第2問

'16年 地球全体のエネルギー収支(熱収支)平均点7.7点/配点13.0点
'17年 地球温暖化/日本周辺の大気・海洋・自然環境現象平均点10.8点/配点16.0点

 A.問2はa宇宙空間への地球放射が増えると気温は下がる。b二酸化炭素は近年増加し続けている。問3はグラフから100年当たりの上昇率を求め、それを2倍して50/100倍する。惑わされないようにしよう。B.問4は深層循環の沈み込みが太平洋では起こらないことがわかっていれば易しい。

第3問

'16年 銀河の分布/太陽系の天体平均点7.7点/配点13.0点
'17年 太陽と太陽系の惑星平均点5.7点/配点7.0点

 問1の粒状斑、黒点、紅炎、コロナの写真は定番であり、基本問題であった。問2は1天文単位が地球-太陽間の平均距離であることから距離を求め、光の速度で割って到達時間を求めるが、太陽の光が8分20秒前のものであることを覚えていれば、そこから求めることもできた。

第4問

'17年 融合問題平均点7.0点/配点10.0点

 第3問の問2と同様、宇宙からの光の到達時間と距離の関係を把握しておく必要があった。問いは基本的な知識で解答できるものであったが、融合問題として出題されたので戸惑ったかもしれない。問2はきわめて基本的な地質断面図で、問1・問2ともに、示準化石が重要な鍵となっていた。


センター試験新傾向

・文の選択肢が減少し組み合わせの選択肢と計算問題が増加

・環境問題と日本の自然や災害に関する問題が多く出題された

・宇宙分野と地球の歴史分野にまたがった融合問題が出題された

この記事は「螢雪時代(2017年5月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

科目別アドバイス 記事一覧

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中