page_top

《2018年入試突破へGO!》合格する! 年間学習マニュアル【倫理】

  • 年間学習プランのセオリーと時期別学習メソッド![13科目別]合格する!年間学習マニュアル
  • 河合塾/中川雅博先生

受験勉強をスタートさせるに際し、欠かすことの出来ないステップが、ここから1年の学習全体を把握して齟齬のない年間プランを立てることだ。
羅針盤なき航海が無謀であるのと同様、学習計画のない受験勉強の先に、第1志望合格という栄光はない。
ここでは主要科目の先生方に年間プランを練る上で機軸とすべき最重要ポイントを指摘していただいた。
併せて時期別学習目標の目安も示したので是非参考にしてもらいたい。

暗記に頼ることなく、
教科書を主軸に地道な学習に徹しよう!


年間学習セオリー

教科書で全体像をつかみ、問題演習で細部を固める

知識は量を増やすだけでなく、有機的に連関させる

偏見思い込みを捨て、安易な暗記学習で誤魔化さない

 近年の倫理は、思想についての正確な知識を試すために、知識問題に関しては8択組合せ形式で出題されたり、新しい哲学的テーマや現代の倫理的な諸課題を考える力を試すために、比較的難しい資料文読解問題が出題されたりしている。そのため全般的に難化し、付け焼き刃では対応できない構成になっている。しかし、「倫理は暗記がすべて」などと思わず、地道な学習を行えば高得点をとることも十分にできる。その学習とは、わからない言葉は国語辞書を活用して調べながら、出題のもとになる教科書を音読・精読するというものだ。まずは夏休み前までに教科書を通読して倫理の全体像をつかもう。そして夏休みにもう一度教科書を精読して理解を深め、基礎学力を固めよう。そうすれば、2学期からの問題集や過去問を利用した実戦演習によって飛躍的に実戦力が伸びるはずである。

時期別学習メソッド

~1学期

教科書の目次に従った通読計画を立て、日々実行する

 倫理の知識は、学習進度に対して必ずしも等差級数的にではなく、むしろ等比級数的に増えるという特徴がある。つまり、倫理は学習の初期段階では得点が伸びず、むしろ知識の森に迷い込んだ印象を受ける科目なのだ。ここで焦って近道を探そうとするのは危険である。ゴールへの確かな道を信じて着実に歩むべきなのだ。すなわち、学習の初期段階においては、得点が伸びないなどと焦ってさまざまな参考書や問題集に手を出すのではなく、倫理の全体像をつかむために教科書を日々着実に音読し、知識習得のための王道を突き進んでもらいたい。

夏休み

国語辞書で確認しながら、言葉に対するセンスを磨こう

 教科書をじっくりと読み進めよう。倫理は独特の言い回しや、日常では用いない言葉や微妙に意味がずれる言葉も少なくないから、わかっていたつもりの用語が実は理解できていなかったり、教科書の微妙な言い回しが気になりだしたりすることが多いはずだ。そこで夏休みの間に、言葉に対するセンスを磨き基礎学力を固めるためにも、理解の不十分な項目を中心に、知らない言葉は国語辞書で確かめながら、教科書を再読しよう。

2学期~

過去問の実戦演習と模試の復習によって、実戦力を鍛える

 2学期からは問題集や過去問を利用した実戦演習を行おう。とりわけ過去問の演習では知識の抜けや歪みを補正すると同時に各種の読解問題への対処法を身につけることも射程に入れて実戦力を鍛えよう。さらに近年は現代思想を中心に出題歴のない人物や思想も出題されるので、実戦力を向上させるには、年間を通じて受ける模試を復習するのがよいだろう。

受験勉強フロー

この記事は「螢雪時代(2017年4月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。
「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどちらでも、お申込みいただけます。ぜひ、ご利用を!

科目別アドバイス 記事一覧

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中