page_top

《2018年入試突破へGO!》合格する! 年間学習マニュアル【国語】

  • 年間学習プランのセオリーと時期別学習メソッド![13科目別]合格する!年間学習マニュアル
  • 河合塾・武蔵高等予備校/鹿子島康二先生
  • [2017/3/15]

受験勉強をスタートさせるに際し、欠かすことの出来ないステップが、ここから1年の学習全体を把握して齟齬のない年間プランを立てることだ。
羅針盤なき航海が無謀であるのと同様、学習計画のない受験勉強の先に、第1志望合格という栄光はない。
ここでは主要科目の先生方に年間プランを練る上で機軸とすべき最重要ポイントを指摘していただいた。
併せて時期別学習目標の目安も示したので是非参考にしてもらいたい。

現代文は問題演習を中心にし
古文・漢文は明確な目標を立てよう!


年間学習セオリー

古文・漢文の知識事項を1学期中に習得する

苦手な分野を作らないようにバランスよく学習する

復習時に要約現代語訳を行い、記述力の基礎を作る

 第1志望合格を果たすには苦手な分野を作らないことが重要だ。現代文・古文・漢文をバランスよく学習しよう。現代文は難易度が高く配点も大きいが、知識事項の習得がほぼ不要で、いきなり問題演習を始められる。古文は語彙・文法・長文読解の作法・予備知識・修辞の理解という語学のフル規格が必要な分野なので、時期別の達成目標を明確にして、時間をかけて学力を蓄えるとうまくいく。漢文は知識事項の配点が高い一方で本文の難易度は低いので、実は最も早く仕上がる。年間の学習をイメージすると、古文・漢文は知識事項を1学期中に習得し、夏休みから問題演習に入り、現代文は4月から問題に取り組み、9月からは3分野とも過去問演習・志望校対策を始める、という感じになる。このプランで頑張れば大丈夫! 復習時に要約や現代語訳を行うと、記述力の基礎固めとなり効率的だ。

時期別学習メソッド

~1学期

年間計画を立ててスタートダッシュ!古・漢の知識事項はここで習得する

 志望校が決まったら過去問を1年度分は解いてみよう。問題のレベルや必要な学力を確認するのが目的なので得点は気にしない。イメージがつかめたら、学習すべき項目を「いつ、どのような教材を用いて習得するのか」を考えながら年間学習計画を作ろう。この作業がスタートダッシュ(受験勉強の開始)に直結する。現代文ではこの時期からセンター試験レベルの問題集を精読しよう。時間や得点はあまり気にせず、文章の趣旨や論構造を読み切ることを大事にする。古文・漢文では問題集や学校教材を用いて語彙・文法などの知識事項を習得していこう。

夏休み

現・古・漢とも長文演習へ、要約と現代語訳で本物の学力を鍛える

 夏休みは受験のヤマだ。2学期から志望校対策にスムーズに移行できるようにこの時期に基礎固めをしたい。現代文は1学期の学習を継続し、古文・漢文は1学期中に習得した知識事項を確認したのち、長文問題演習を始める。時間や得点は気にせず、最後まで誤読せずに読み切る力をつける。復習時に現代文の要約や古文・漢文の現代語訳を行うと学力が底上げされ、効果絶大。時間がある夏こそ、この学習法で鍛え上げたい。

2学期~

過去問演習では不明な点をそのたびに確認する

 9月からは実戦力を鍛えるために過去問演習に取りかかろう。ランクの低い大学から第1志望校へ、1題ずつの演習から年度分通しての演習へとレベルを上げていく。不明な点はこれまで用いた学習教材でそのたびに確認する。11月までに8割を消化し、12月はセンター試験の準備に専念、センター試験後に再び志望校対策に復帰するというのが理想的なペースだ。

受験勉強フロー

この記事は「螢雪時代(2017年4月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

年間学習プランのセオリーと時期別学習メソッド![13科目別]合格する!年間学習マニュアル 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中