page_top

【政治・経済】基本知識に磨きをかけ、論理判断力をさらに強化しよう

  • あと30日で本番![主要科目別]センター試験最終対策&試験本番の攻略ポイントはここ!
  • 河合塾/栂 明宏 先生

センター試験までに残された時間はあとわずか。最後の最後まで貪欲に、さらなる得点の上積みを追い求めたいところだ。
点を伸ばす余地は、まだまだ残っている。
そこで、センター試験を知りつくす主要科目の先生方に、得点を最大化するための最終対策のポイント、および試験本番で効果的な解答手順を教えてもらった。

センター最終対策
あと30日!何をどうする?

正誤を判断するポイントを
的確に見抜く技術を高める


 近年の出題傾向として、一つの選択肢が1~2行と短いものがかなりの割合を占めている。これは、科目の学習内容についての基本知識をストレートに試そうとする傾向の現れだと考えられる。だからこそ、知識をきちんと蓄え、それを正確なものにするという努力を直前まで怠ってはならない。実際、2016年の本試験では、地方自治体における首長の議会解散についての知識を試す設問があった。国政における内閣の衆議院解散と混同していると失点してしまうというものであったためか、正答率も低かったようだ。あやふやな知識を正確にすることが、何より大切だ。

 一方、基本知識をもとに推論して正解を導くようなタイプの設問も見受けられる。その典型は図表問題だ。例えば2016年の本試験では、市町村の歳出項目について金額の経年変化を使ったグラフ問題があった。この具体的な金額を覚えている人はかなり例外的だろうが、各項目の性質や近年の経済・社会保障の動向といった知識から判断すれば、正解を導くことは意外と容易であった。正確な知識を持ったうえに、こうした知識を使いこなす力を磨き上げれば、かなりの高得点が確保できるはずだ。

センター最終対策チェックリスト

センター試験本番
得点が伸びる!解答の秘策は?

選択肢は慎重に読み
核心部分に注目して判断する

 試験中は緊張から、あらぬ誤読をする人も多い。例えば「年功序列型賃金体系を改める企業」と「年功序列型賃金体系に改める企業」では、意味がまったく逆転してしまう。こうした誤読を避けるため、選択肢は慎重に読もう。しかし一方、センター試験では、あまりに細かな点をもとに誤文を作ったり、表現をわかりにくくして誤りの部分を隠すような手法はほぼ見られない。誤文に含まれる「誤りの根拠」は、記述の核心部分にあることがほとんどだ。正誤判断の際には、いたずらに細かな部分に眼を奪われるのではなく、核心部分に注目しよう。

需給曲線や論理判断問題は
設問の指示に注意する

 需要供給曲線は毎年のように出題されており、しかも応用的な形での扱いが通例となっている。しかし、これは高度な知識が試されているわけではなく、設問の指示に従って推論できるかどうか、その能力が試されていることがほとんどだ。需給曲線のほかにも、さまざまなテーマで「見たことのない図や表」を使った設問が登場する場合もあるが、やはり指示に従って論理的に推論する能力が試されていることが多い。見た目に驚いてアタフタすることなく、むしろ見慣れない問題だからこそ、設問の指示に従い落ち着いて推論することを心がけよう。

「これがもし誤文ならば」と
仮定推論をして判断する

 例えば、「正しいものを選べ」という設問の選択肢の一つに、「難民条約は帰国すると迫害される恐れのある人の保護を定めている」という記述があったとしよう。もしこれが誤文だとすれば、「難民条約は迫害される人を見捨ててもよいと定めている」ということになりかねず、難民条約が難民の保護を定めた条約ではなくなってしまう。そのことから、「これは誤文ではない」=「正文である」と判断がつく。仮にほかの選択肢に細かな事柄が記述されていて正誤判断に迷っても、「正解はこの選択肢だ」と見抜いて得点を確保することができるのだ。

問題の性質に応じて
時間を柔軟に配分する

 知識の有無が単純に試されている設問は、いくら時間をかけて悩んでも仕方がないので手早くすませよう。一方、例えば「1980年代後半にアメリカの機関投資家は、対日証券投資を活発に行っていたことから、急激な円高によって為替差損を被った」という選択肢があったとしよう。一見すると知識が試されているようだが、日本の証券のドル建て価格は円高で上昇するのだから、「円高で為替差損」という論理が矛盾しており、そこから誤文だとわかる。こうした判断には多少の時間がかかるが、単純知識問題で浮いた時間をここで利用しよう。

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

科目別アドバイス 記事一覧