page_top

【物理】[物理基礎]基本問題が中心/[物理]幅広い知識が試される

  • 狙え!完全攻略[主要15科目別]2017年 センター試験 出題予想!&高得点対策!
  • 代々木ゼミナール/中川 雅夫 先生
  • [2016/11/21]

限られた時間内で自らの得点力を最大限に伸ばすには、センター試験で出題される内容に焦点を絞った効果的な対策をたてなければならない。
ここではセンター試験を熟知する各科目のベテランの先生方に、2017年の出題がどのようになるかを徹底予想していただいた。
併せて、過去2~3年の出題分野一覧と2016年の新傾向、大問別平均点なども表示した。
高得点獲得の切り札として、これからの対策に活用してほしい。

【物理基礎】基本事項の定着度を試す基本問題が中心の出題となる

2017年センター「物理基礎」出題予想!

《予想》小問集合形式で全範囲の幅広い基礎力が問われる

《予想》日常生活や社会に関連した物理現象が扱われる

《予想》基本事項を活用する力を試す問題が出題される

 物理基礎の全範囲から、日常生活や社会と物理との関連に関して、基本事項の定着度を試す問題の出題が予想される。運動の表し方など、身近な現象を物理的に考える方法の基本を身につけているかが、さまざまな出題形式で問われる。組み合わせ解答などセンター試験独特の形式の問いも見られるが、内容的には頻出問題、典型問題の演習により力を鍛えておけば十分に対応できる。

[大問別]出題予想&対策

第1問 小問集合

予想:小問集合形式で物理基礎の全範囲から出題される

 第1問は5つの問いからなる小問集合形式になると予想される。答えが組み合わされた解答群の問い、グラフ選択の問いなど出題形式も工夫して教科書の基本事項が身についているかが問われる。知識の単なる暗記で対応できる問題ではなく、「物理学的に探求する能力と態度」が身についているかを問う問題である。文章の穴埋めの問題も理解度を試すために出題が続くと思われる。

対策:教科書を中心に能動的な学習で力を鍛えていく

 過去2年間穴埋め形式の問いが2つ見られたので、教科書を読んで知識を身につけることは重要である。ただし、単に教科書を読むだけではなく、「状況をイメージしてみる」「教科書の説明を要約してみる」「友だちに解説するように声に出してみる」など、能動的に取り組むことが大切である。また、式はその意味を自分のわかる日本語で表してみると、おのずから使い方が見えてくるようになる。

第2問 波と電気

予想:Aが波動分野から、Bが電気分野から出題される

 波動では弦・気柱の振動に関する問題の可能性が高い。電気では、抵抗の接続、変圧器と、送電と幅広く出題されているので、消費電力に関する問題は準備しておきたい。

対策:グラフの表すもの、用語の意味など基本を万全にする

 波動は身の回りに多く見られる現象であるから、グラフなど作図を用いて扱う物理学的な方法に慣れておくこと。具体的には基本問題集などの問題を解きながら理解し、慣れていけばよい。

第3問 運動とエネルギー

予想:A、B別々の設定で力学の基礎力が試される

 A、Bとも力学の分野からの出題となるだろう。内容的には基本的であるが、グラフ選択も見られ、物理学的な扱いに慣れていることが求められる。

対策:問題演習が最も効果的なので演習量を多くする

 力学は物理基礎の他の分野より問題演習の効果が出やすい。ただし、演習量だけを気にするのではなく、考えて解くことを忘れないようにしたい。

◆センター試験の新傾向はこれ!
・小問集合では図の読み取りなど出題形式に工夫が見られる
・さまざまなエネルギーに関する理解を問う問題が目につく
・日常生活や社会に関連した身近な現象が扱われている

【物理】身につけた幅広い知識を活用する力が試される

2017年センター「物理」出題予想!

《予想》小問集合・各問題をA、Bに分けるなどして幅広く出題される

《予想》出題形式を工夫して基本事項を活用する力が試される

《予想》熱力学と原子の問題が選択問題として出題される

 小問集合や大問をA、Bに分けて幅広い項目を扱い、物理の基礎力を試す出題は続くと予想される。変わった設定で惑わす問題ではなく、理解しやすい設定でしっかり考える力を問う問題がさらに増える。レベルは基本的であるが問い方に工夫をして、単なる解法の暗記では対応できない問題とするセンター試験の特徴は変わらない。原子は過去2年間と同じく選択問題となる。

[大問別]出題予想&対策

第1問 小問集合

予想:小問集合形式で、原子を除く分野の基礎力が試される

 正しい文章や図・グラフを選ぶ、文字式の計算、数値計算などさまざまな形式の小問により、基礎力が試される。次々に内容、形式の異なる問題を処理することが求められ、単に知識を身につけただけでは対応しにくい問題が出される。

対策:内容は基本的であり、解き慣れることがポイント

 内容的には基本的な演習をひと通りこなしておけば十分に対応できる。しかし、出題形式がさまざまであり、次々に異なる分野の問題を考えなければならないので、過去問を活用してセンター形式の問題に解き慣れておくことが大切である。

第2問 電磁気

予想:電磁気に関して状況を理解して考える力が問われる

 A、B2つに分けて別の設定で、電磁気のそれぞれの項目の重要点が押さえられているかが問われる。受験生にとって見慣れない設定の問題も出るので、何が問われているかを読み取る力が求められる。電磁誘導に関する問題が要注意である。

対策:見かけに惑わされない本質を見抜く力を養っておく

 電磁気では、目新しい設定の問題が見られることがある。しかし、内容的には基本事項を扱ったものがほとんどであるから、典型問題の演習により、扱われている現象の電磁気学的なポイントを押さえる力を養っておけばよい。

第3問 波動

予想:波動の現象に関して基本的に考える力が問われる

 A、B2つに分け、波の伝わり方と音、音と光のように別の事項が扱われる。2016年の干渉条件を時間差で表す問題のように、普通とは異なる問い方で基礎力をチェックする問題や設定の目新しい問題で、柔軟に考える力が試される。

対策:式の意味を考える習慣をつけ柔軟な対応力を磨く

 1つの問題で屈折と水面波の干渉、音と光のように別の事項が扱われ、幅広く問われるので、演習により基礎力を定着させておきたい。問題演習で式を用いる際に、式の意味を考えながら使うように心がけておくと応用が効く。

第4問 力学

予想:状況をしっかり考えて正確に解く力が試される

 力学では演習により考え慣れていることを試す問題が見られる。基本的な解き方に慣れているだけではなく、設定された状況の力学的ポイントを押さえて考える力が試される。円運動や単振動、万有引力による運動に関する問題も解き慣れておきたい。

対策:考えて解く問題が多く、演習量が結果に結びつく

 力学では、条件反射的な公式適用ではなく、考えて式を用いる問題が見られる。問題演習をする際には、解法を覚えるのではなく、自分でできるように理解することを心がけるとよい。万有引力に関する問題も要注意である。

第5問 熱と気体(選択問題)

予想:熱力学に関して基礎力を試す問題が出題される

 第6問の「原子」との選択問題で、ここ2年間基本的な出題が続いているが、原子分野の選択者を増やすために少し難しくなることが考えられる。しかし2016年までは、基本的な法則の活用がポイントとなるレベルの出題であった。

対策:熱力学は典型問題をひと通り解いておけば自信が持てる

  熱力学を苦手とする受験生は少なくないが、典型的な問題をひと通り解いて、自分で解けるようにしておけば得点しやすいところである。いろいろな考え方があるように思いがちであるが、内容的に見るとパターンはそれほど多くはない。

第6問 原子(選択問題)

予想:原子分野の基本的で重要な事柄が問われる

 第5問の熱力学との選択問題で、原子分野の基本事項に関して、幅広く問われている。教科書レベルの知識があれば十分に対応できるので、典型問題を中心に演習を通じて、基本的な力を鍛えておきたい。原子核反応は要注意である。

対策:教科書レベルの知識の確認と基本問題の演習を積み重ねる

 原子の分野では、教科書を読んで知識の整理をすることが重要である。そのうえで、各項目の基本問題や典型問題にあたっておけば十分に対応できる。偏りのない力を、広く浅く鍛えておくことが原子分野攻略の鍵である。

◆センター試験の新傾向はこれ!
・確実な基礎力を試す、考えて解く問題の割合が高い
・問い方を変えて、基礎力の定着度を試す問題が見られる
・センター試験の過去問に同じ設定が見られる出題がある

この記事は「螢雪時代(2016年12月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・2月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

狙え!完全攻略[主要15科目別]2017年 センター試験 出題予想!&高得点対策! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

2月のテーマ
毎月中旬更新

[合格カウントダウン!]2次・個別試験 最終プラン

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中