page_top

【化学】現在の真の実力を正確に把握し、最重点補強分野を見きわめる

  • [13科目別] [ストップ!伸び悩み!!]秋からの学習ポイント総まとめ
  • 「螢雪時代」アドバイザー 庄司 憲仁 先生
  • [2016/9/27]

2学期からの受験勉強は、これまでの基礎中心から得点力を高める実戦的な学習にシフトする必要がある。
ここでは「英語・数学・国語」に引き続き、実戦力養成期にあたる9月中盤から12月に至る約3か月間の「理科&地歴公民」の学習戦略についてアドバイスする。
また、受験勉強も後半戦に入ってくると基礎固めが終わらず勉強は継続してやってきているのに成績が伸びず、自分の学習法に戸惑いを感じる受験生も少なくない。
そこで、科目別に典型的な伸び悩みのケースをいくつか挙げ、何が原因で得点力の向上を阻害しているのか具体的な解消のためのアドバイスも贈る。

秋からの学習総まとめ

現在の真の実力を正確に把握し、
最重点補強分野を見きわめる


 秋になって「しまった!」と、焦ってあれこれと手を出す前に、現在の状況をよく見きわめてから進めたい。まず、今まで解いた問題集や模擬試験の結果などの内容を詳細に分析して、どの分野が苦手か、何が得意なのかを把握する。得意分野は後回しでもよいが、苦手分野はできるだけ早く自分のものにすれば振れ幅が大きいので得点アップにつながる。とくに理論の不得意分野は秋の早いうちに克服しておきたい。一般には、基礎以外の理論分野と知識分野を互いに補完させながら、過不足なく学習を進めるのがよい。無機分野や有機分野の知識事項は、暗記カードを作り、すきま時間を利用して繰り返し暗記する。有機分野は、とくに現役生の場合、どうしても遅れがちになるので、学校の学習進度に合わせて、その分野ごとに完璧にマスターしていくつもりでやっていこう。

秋からの学習ポイントはココ!

■ 現在の真の実力を判定し不得意分野を把握する
■ 理論と知識を並行させ、互いに補完して進める
■ 暗記カードを完成させ、すきま時間に反復暗記する

2月期学習のフローチャート

理論分野と知識分野を互いに
補完させながら進めていこう!


①定期試験や模試の結果を検討したり、それらの問題をもう一度解いて調べる。
②基礎部分は、確実に自分のものにしておかないと、先々行き詰まるので、きっちりと完成させておく。
③暗記カードを急いで作成し、すき間時間を有効に利用して繰り返し覚える作業を入試直前まで続ける。
④基本部分は10月一杯くらいまでに完成させ、その後は、ハイレベルの演習に移れるように進めていきたい。
⑤無機化学の計算問題や有機化学の構造決定なども含めて考える。その基本を10月半ばで完成させる。
⑥志望大学レベルに合わせて1日1大学程度、時間を決めて取り組んで採点し、誤答を徹底的に復習・分析する。
⑦12月後半から⑥と並行して行う。

ケース別徹底指導! 伸び悩み解消アドバイス

Q Case1
問題集はたいてい自力で解けますが、
模試だと歯がたちません。

A 図解で内容を正確に
把握してから取り掛かろう


 たいていの問題集は、入試問題の一部ですし、タイトルもヒントになりますので、1つの事柄をきちんと理解しただけで容易に解けます。しかし、模試はそうではありません。そこで、問題の内容を正確に把握するために、問題文を読みながら図解して、どのように問題が成り立っているかが一目でわかるように分析しておくことが大切です。それにより、内容を切り分けることができ、一つずつ解いていけば、易問の寄せ集めに変えられます。

Q Case2
無機分野・有機分野の暗記物が
なかなか覚えきれません。

A 暗記カードを駆使して、
繰り返すことで覚えるようにしよう


 無機分野や有機分野では、覚えるべきことが多く、理論化学のように問題練習を積み上げる形で身につけようと思っても難しいものです。そこで、物質の性質を覚えるには、例外は後回しでよいですから、共通する性質を先に押さえてしまうのが得策です。それが完成したら、特に重要な物質について、代表的な性質を抜き出し、教科書や資料集の写真などを見ながら、色や形などと一緒に印象づけて覚えていくと、定着しやすくなります。

Q Case3
有機分野の性質は得意なのですが、
構造決定ができません。

A 「きまり文句」や「不飽和度」などで
推測するようにしよう


 構造決定では、「還元性あり」→ アルデヒド基をもつ、「臭素水と反応し脱色する」→ 二重結合や三重結合をもつ、「加水分解される」→エステルかアミド結合をもつ、などの頻出パターンがあります。また、「不飽和度」を調べると、1では二重結合1つか環1つ(O原子をもてば>C=Oかも)、2では、二重結合、環のうち2つまたは三重結合1つ(O原子があれば>C=Oも考慮)、4以上は多分、芳香族化合物というような推定ができます。

伸び悩み解消のための学習チェック!

この記事は「螢雪時代(2016年10月号)」より転載いたしました。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[13科目別] [ストップ!伸び悩み!!]秋からの学習ポイント総まとめ 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中