page_top

心理学的学習戦略! モニタリング×推論で読み解く力を伸ばす

  • 合格を勝ち取るメンタル力 《心》心のタイプを理解して自分に最適な方法を探る。心から考える
  • [2014/9/1]
心理学者・臨床心理士
植木理恵先生

ある2つの方法を取り入れて読解問題を解くと、成績が伸び続けた、という実験データがある。
それは一体、どのような方法なのだろうか。とくに、読解力をつけたい、という人は必読だ。


受験で勝つためには、どうするのが一番効果があると思いますか?

(1)1日○時間、1日△ページと目標を作って守り通すこと。
(2)いい塾や予備校に通ったり、優れた教材を使ったりと、学習環境を整えること。
(3)できるだけ要領のいい方法を考えて、短時間で勉強すること。


あなたの学習観はどのタイプ?

まずは、成績アップに欠かせない「学習観」の話から。学習観とは、「こうすれば成績が上がる」という一種の信念だ。学習観には3種類あることがわかっている。まずは右の質問に答えて、自分の学習観をチェックしてみよう。
 (1)を選んだ人は「学習量志向」、(2)は「環境志向」、そして(3)は「方略志向」という学習観だ。3つのうち成績の伸びがいいのは、方略志向の人たち。「勉強方法を工夫し、自分に合った方法で効率良く勉強をしよう」という心がけ一つで変わってくるのだ。ただし、学習量志向や環境志向タイプが悪いというわけではない。今の学習観に方略志向の視点を加えることで、さらにパワーアップが期待できるのだ。

自分の頭の中をモニタリングする

では、具体的にはどのような方略が効果的なのだろうか。高校生を対象にした、ある実験が行われた。1.「モニタリング」の方法だけを教えたグループ、2.「モニタリング」と「推論」の両方の方法を教えたグループ、3.何も教えなかったグループに分けて、英文読解問題の成績の変動を調べた。その結果、両方を実践したグループのみ、成績が上がり続けたのだ。
 順番に説明していこう。まず、「モニタリング」とは、「自分はどこまで理解し、どこがわからないのか」を気に留めながら、意識的に問題を解き進める方法。自分の頭の中をもう一人の自分がモニタリングしているイメージだ。たとえば、英語や国語などの問題文を読むときに、「わかった○/まあまあ△/わからない×」など段落ごとに印をつけておくと、「自分は×の部分が理解できていないな。では、この前後をもう一度読んでみよう」と行動できるのだ。

自分の知っていることに結びつける

もう1つのカギとなるのが、「推論能力」だ。推論能力の高い人は、理解しにくいことでも、「これって、あの感覚のことかな」、「この人って、○○くんみたい」と、自分の知っていることに結びつけて考える傾向がある。わからないところで立ち止まるのではなく、推測しながら読み進めることができるのだ。これは、初見の数学の問題に対して、「あの問題に似てるかも…」と推測する力にもつながる。
 最初に紹介した実験結果からもわかるように、重要なのは、「モニタリングをしながら推論する」と、セットで取り入れること。自分の理解度を客観的に把握・分析しつつ、その一方で、内容を自分に関連づけて感覚的に理解する。いわば、理性と感性を使い分けながら解き進めることが重要なのだ。読解力は、英語や国語にのみ必要な力ではない。どの科目でも、問題文を読み、何を聞かれているのか、ヒントはどこにあるのかと読み解く力は必須だ。少しの心がけであなたの理解度は大きく変わるはず。ぜひ、今日から実践してみてほしい。


【方略志向】

「勉強法を工夫し、自分に合った方法で効率良く勉強をしよう」という学習への考え方。方略志向に基づき試行錯誤しながら勉強する人は、練習量を重んじる「学習量志向」の人、環境を利用(たとえば良い塾や先生)しようとする「環境志向」の人と比べて、成績の伸びがいいことがわかっている。


【モニタリング】

「自分はどこまで理解し、どこがわからないのか」を気に留めながら、意識的に問題を解き進めるのがモニタリング。自分の頭の中をもう一人の自分が俯瞰しているイメージだ。どこがわからないかを知ることで、それを解決するためにはどうすればいいかという具体的な対処法がわかる。


【推論能力】

理解しにくいことや抽象的な概念に出会ったときに、自分の過去の経験や感覚、知っている人やものごとに結びつけて考えることができる力。推論能力が高い人は、たとえ難解な問題でもわからないところで立ち止まらず、「こんな感じかな」と自分なりに推測しながら読み解き進めることができる



植木理恵
お茶の水女子大学卒。東京大学大学院教育学研究科修了後、文部科学省特別研究員として心理学の実証的研究を行う。日本教育心理学会において最難関の「城戸奨励賞」「優秀論文賞」を史上最年少で連続受賞。現在、総合病院の心療内科でカウンセラー、慶應義塾大学理工学部教職課程で講師をつとめる。フジテレビ系列の「ホンマでっか!?TV」にレギュラー出演中。


この記事は「蛍雪時代(2014年9月号)」より転載いたしました。


螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

合格を勝ち取るメンタル力 《心》心のタイプを理解して自分に最適な方法を探る。心から考える 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

5月のテーマ
毎月中旬更新

難関大学[一般/学校推薦型/総合型 選抜]のメリット・デメリット

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中