大学トップ

学部
応用生物科学 地域環境科学 国際食料情報 生物産業
●キャンパス所在地

世田谷キャンパス

(応用生物科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部)=
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1丁目1の1
TEL (03)5477-2226 (入試センター直通)
道順 小田急線経堂駅下車、徒歩15分。東急田園都市線用賀駅からバスで約7分、「農大前」下車
MAP

厚木キャンパス

(農学部)=
〒243-0034 神奈川県厚木市船子1737
TEL (046)247-4433 (入試課)
道順 小田急線本厚木駅から東京農大行きバスで約15分、「東京農大」下車
MAP

オホーツクキャンパス

(生物産業学部)=
〒099-2493 北海道網走市八坂196
TEL (0152)48-3814 (入試課)
道順 JR網走駅から東京農大行きバスで約30分、「東京農大」下車
MAP

■問合せ先
 入試センター
教員数 教授177・准教授92・講師497(常勤20・非常勤477)・助教56。うち外国人教員28
学生総数 男7,037・女4,581、計11,618
新入生総数 2,830
沿革・特色
建学の理念は「人物を畑に還す」
 北海道に共和政府の樹立を目指して、五稜郭で戦った榎本武揚が生みの親。
 徳川育英会「育英黌農業科」を母体に、東京農学校を経て、昭和24年に新制東京農業大学となる。
 初代学長横井時敬の「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」など、実学を重視した幾多の言葉は今も東京農大の教育の根底に息づいており、「人物を畑に還す」という建学の理念、「実学主義」という教育の理念を継承している。
奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
× 35 52 151
大学院
農学MD・生物産業学MD
付置研究所
農学・応用生物科学・地域環境・国際食料情報・生物資源開発・バイオセラピーセンター・アイソトープセンターほか

LIFE & STUDY

 生物産業学部のオホーツクキャンパスは、広大な北海道の大自然に抱かれている。スポーツ好き・アウトドア派にはうれしい環境。学内には野球場やテニスコートがあり、周辺ではハンググライダー、熱気球、スキーなどを楽しめる。

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
掲載内容に関するお問い合わせ・更新時期等については、「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください