気になる大学をどんどんクリップしよう!閉じる

close

大学トップ

学部
人間科学 外国語 経済 基礎工
●学部所在地

本部=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の1
TEL (06)6879-7096 (学生部入試課直通)
MAP

〈豊中キャンパス〉

文学部=
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1の5
MAP

法学部=
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1の6
MAP

経済学部=
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1の7
MAP

理学部=
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1の1
MAP

基礎工学部=
〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1の3(注)豊中地区には各種の機関、センターを設置している。
道順 阪急電車宝塚線石橋駅下車、東へ徒歩、学部により15~25分。大阪モノレール柴原駅下車、学部により徒歩7~15分
MAP

〈吹田キャンパス〉

人間科学部=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の2
MAP

医学部(医学科)=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2の2
MAP

医学部(保健学科)=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の7
MAP

歯学部=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の8
MAP

薬学部=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の6
MAP

工学部=
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2の1
道順 阪急バス千里中央発「阪大本部前行き」または「茨木美穂ケ丘行き」、近鉄バス阪急茨木市駅発「阪大本部前行き」(JR茨木駅経由)で、阪大医学部前または阪大本部前下車。大阪モノレール阪大病院前下車、いずれも徒歩5~15分。阪急電車北千里駅下車、東へ徒歩、学部により15~30分
MAP

〈箕面キャンパス〉

外国語学部=
〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1の1
道順 北大阪急行線千里中央駅・阪急千里線北千里駅から、バスで阪大外国語学部前または間谷住宅4下車
MAP

教員数 教授926・准教授837・常勤講師233・助教1,157。
学生総数 男10,521・女5,014、計15,535
新入生総数 3,411
沿革・特色
自由な学風を受け継ぐ
 明治2年創立の大阪医学校に始まる大阪医大を中心として、昭和6年に大阪帝大を創設。
 同24年、学制改革により、新制大学となる。
 源流は、江戸中期に開かれた町人の教育機関で、自由な学風を築いた「懐徳堂」、江戸末期に開かれ、福沢諭吉などを輩出した「適塾」にまでさかのぼることができる。そして、当時の自由な学風や先見性は、いまに受け継がれている。
 新制大学発足時から、文、法経、理、医、工の5学部を設置。昭和26年歯学部、同30年薬学部、同36年基礎工学部、同47年人間科学部と、次々に学部を増設。この間、同28年に法経学部を法学部と経済学部に改組・独立させた。
 平成19年10月、大阪外国語大と統合して、外国語学部を設置。
 なお、理、工、基礎工の3学部は学部3年次修了で、大学院に入学できる「飛び級」制を導入している。
奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
2 × 68 59
大学院
文学MD・人間科学MD・法学MD・経済学MD・理学MD・医学系MD・歯学D・薬学MD・工学MD・基礎工学MD・言語文化MD・国際公共政策MD・情報科学MD・生命機能D(5年一貫制)・高等司法P・連合小児発達学D
附置研究所
微生物病・産業科学・蛋白質・社会経済・接合科学

LIFE & STUDY

■組織 11学部、大学院16研究科、5附置研究所のほか、4附属図書館、2附属病院、3全国共同利用施設、18学内共同教育研究施設などが設置されている。

■キャンパス キャンパスは吹田地区、豊中地区、箕面地区にまたがる。なかでも、豊中地区は入学後の1年半を全学部生が全学共通教育科目を学ぶ関係で、なにかとにぎやかである。吹田地区も5学部、および事務局・学生部があり、学生の交流も盛んに行われている。

■共通教育 入学から1年半の間、全学部生がともに学び、授業を通して人間の幅を広げるのが共通教育の目的である。

全学共通教育科目は、教養育成にかかわる共通教育系科目と専門基礎を形成する専門教育系科目から編成される。授業はすべて半年を区切りとするセメスター制で実施。授業は対話型・体験型・フィールドワーク型といったさまざまなスタイルで行われる。なお、共通教育は豊中キャンパスで実施される。

 総長や各学部長らによるリレー講義、CALLを利用した語学教育、少人数で対話型の基礎セミナー、産業界のトップを講師に招いての授業などが行われる。

■学術交流 海外諸国との学術交流も盛んに行われている。海外の大学などとの学術交流協定は全学レベルで99件、部局間協定では464件に及んでいる。

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。
掲載内容に関するお問い合わせ・更新時期等については、「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

新着記事

入試を知る

もっと見る

国公立[2次出願]のポイントはこれだ!

センターの結果を冷静に受け止め、今後の最善の対策を立てよう!

本番をベストコンディションで迎えるための15の方法

本番入試で自分の力を発揮できるかどうかは、当日の心身のコンディションに大きく左右される!

自己採点後の併願校選びに!

国公立大「後期日程」と公立大「中期日程」が、募集人員全体の40%以上を占める学部・学科を紹介…

勉強法を知る

もっと見る

tn_01
合格者の[科目別]追い込み学習法大公開!

センター試験から各大学の個別/2次試験へ。受験勉強も大詰め。

学部系統別 [一般入試・小論文] 2016年出題予想・2015年問題分析

一般入試の小論文問題について、学部系統別に2015年問題を分析し、2016年出題を予想した。

受験生のためのメンタルトレーニング

難関大学の競争激しい入試で勝ち抜くには学力と強い精神力が必要だ。

2016年・小論文問題「必出テーマ」はこれだ!!

2015年、2014年の主な出来事を中心に、2016年小論文問題の時事的テーマの出題予想とその解説をした。

サブロー先生の進路指導室

国公立大個別試験&私立大一般入試への気持ちの切り替え